RSS

花粉症に効くツボはこれ!


こんにちは、ふじくら鍼灸整骨院です。

 

少し寒さが和らいできましたね!

 

暖かくなるのは嬉しいですが、

 

この時期はなんと言っても辛いのが

 

花粉症です。

 

 

ということで今回は花粉症による症状に効くツボを紹介します。

 

 

上星(じょうせい)

「上星 ãƒ„ãƒœã€ ã ®ç”»åƒ æ¤œç´¢çµ æžœ

 

ここはは鼻水、鼻づまりに効果があります。

 

【場所】

鼻からまっすぐ上にたどっていき、前髪の生え際から1㎝ほど入った所。

この辺りを押していき、ツ~ンと感じた所をつむじに向かって押しましょう!

 

スーっと鼻が通る感じがあると思います。

 

鼻づまりにお悩みの方がいましたら是非お試しくださいね!


2019-03-11 16:47:01

風邪の予防策


こんにちは、ふじくら鍼灸整骨院です。

 

季節は冬のど真ん中、寒くなりました。

 

 

そして皆さん!

風邪引いてないですか!?

 

最近全国的に風邪、インフルエンザが流行しております。

 

なので、今日は風邪予防についてのお話をします。

マスク、手洗い、うがい、空調管理など外的な要因はよく言われていますので、

今回は内的な要因、自己管理について。

 

 

風邪の原因として、

 

①冷え

②睡眠不足

 

が考えられます。

 

①冷え

身体が冷えると抵抗力が落ちて、風邪を引きやすくなります。

東洋医学でも風邪は寒邪がくると言われています。

 

予防策1

身体を温める。

 

どこを温めるのかというと、首から背中です。

顔を下に向けた時に首の後ろの出っ張った所辺りを温めましょう。

→詳しくはこちら

背中の首に近い所に服の上からカイロを貼ることをオススメします。

お灸は冷えたツボに直接刺激するので効果大です!

 

予防策2

身体を温める食材を摂る。

 

生姜根菜類などは身体を温めてくれます。

したがって、鍋は最高です。

積極的に食べましょう!

 

 

 

②睡眠不足

やはりしっかりとした睡眠をとらないと抵抗力が落ちて風邪が引きやすくなります。

しっかりとした時間、質の良い睡眠をとりましょう!

 

質の良い睡眠の方法1

起きている時は光を浴びて、寝るときは光を浴びない。

 

朝は日光に浴びると脳が覚醒して活動的になります。

 

逆に夜はテレビ、スマホなどの光を浴びると脳が覚醒して眠りにくくなります。

眠れたとしても睡眠の質が下がります。

脳が日中だと勘違いするんですね~

 

したがって、寝る前はスマホ、テレビを極力控えましょう!

特に寝つきが悪い人は!

 

 

質の良い睡眠の方法2

ツボを押す

 

身体が緊張していると眠りにくいです。

なので、リラックスして眠れるように緊張を解くツボを押しましょう!

 

ツボその1

合谷(ごうこく)・・・手の親指と人差し指を辿っていって合わさった所。

 

ã€Œã ”ã †ã “ã  ã€ ã ®ç”»åƒ æ¤œç´¢çµ æžœ

 

身体の緊張を解いてくれるツボです。ゆっくり揉むように押しましょう!

ここが硬いと緊張している証拠です。

 

 

ツボその2

百会(ひゃくえ)・・・頭のてっぺん。鼻から真っ直ぐ上にいった所と、耳から真っ直ぐ伸ばしたところが合わさる場所。

 



この辺りを探っていき、つーんとする所を押しましょう!

緊張緩和精神安定の効果があります!

 

ツボはマッサージでも良いですが、鍼灸治療が効果的です。

ご興味ありましたら一度ご相談ください。

 

 

以上、風邪予防の話でした。

 

鍼灸師 岡崎優

2019-01-25 18:27:01

医学の常識の変化


*脂質異常症(高脂血症)のマニュアル変化*
 血中のコレステロールや中性脂肪が一定の基準より増加する状態を脂質異常症といいます。

 コレステロール値には(1)総コレステロール(2)善玉-HDL コレステロール(3)悪玉-LDL コレステロールと3つの値があります。
常識が非常識に?
 近年、「脂質異常症」の診断基準がどんどん変化してきました。呼称まで変わり、それに伴い投薬対象者も変化しています。つまり以前の常識が非常識にもなっているということです。
その変化を簡単に***

[1]15年程前まで
 総コレステロール値が高いだけで高脂血症とされていました。善玉、悪玉の値に関係なく220mg/dl 以上が診断基準です。
[2]15年程前から
 善玉-HDLコレステロール値は高い方が良いという考えがスタンダードとなり、「高脂血症」と呼ばずに「脂質異常症」に呼称が改められました。又その考えに伴い、総コレステロールの多少の異常値より、悪玉-LDL コレステロール高値を服薬の対象とすべきという流れになりました。
[3]5年程前より
 善玉が高くて、悪玉も高ければ問題であり、大切なのは善玉と悪玉の比率(悪玉➗善玉=L /H 比)だと考えるのがスタンダードになりました。
つまり[1].[2].[3]と概念が変化することにより投薬対象者も変化し、服薬しなくても良い人が服薬していた事になります。(逆も有り)
本当に服薬の必要があるの?
*日本人間ドック学会 新基準値を発表
 今までの概念を覆す新基準値を2015年に発表しました。男女年齢別の基準値で、上限値が凄く上昇しています。しかしまだ臨床でゴールデンスタンダードにはなっていません。
*アメリカ保健福祉省
 「コレステロールの摂取制限はする必要なし」
 
 これまで卵、エビなどコレステロールが多いものを食べ過ぎると血中コレステロール値が上昇し心筋梗塞などのリスクが上がるといわれてきたものを覆す発表です。2015年より日本でもコレステロール摂取目標量を廃止しています。
この考えからすると、益々服薬対象者が減る事になります。それどころか服薬も、摂取制限もしなくても良い。?
因みに、これらに関する薬の日本での市場は2000億円以上!!
日本人間ドック学会の基準値が臨床基準になると服薬対象者がかなり減り、市場も数百億円以内に収まるそうです。
この先も上記の概念はまだまだ変化すると私は考えています。
 だって「血中コレステロール値は高い方が長生きする」(日本脂質栄養学会)って疫学調査まであるのですから。
   今まで当たり前であったことが
   「今日の常識が明日の非常識に!」
医学の世界は営利目的の営利企業、製薬会社によって大きく動かされています。しかし最近は、情報の多様化により営利以外の動きも増えてきています。
今後も「医学の常識の変化」と題して本当の医療は何処にあるのか?考えていきたいと思います。
        鍼灸師 山田
 
2018-11-16 14:20:02



2018-11-16 14:11:01

フットケアやってます!


こんばんは ふじくら鍼灸整骨院です。

最近朝と夜で肌寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?



さて皆様は当院ではフットマッサージを行なっている事をご存知でしょうか?
この時期になると身体の血流が悪くなりやすくなります。
特に足は心臓から一番遠い部位になるため、心臓の働きだけでは血液がしっかり心臓に戻っていきません(・Д・)
また足(特にふくらはぎ)は心臓から送り出されて足の先まで流された血液を心臓まで戻す為にポンプのような役目を果たしています。
フットケアを行なう事で、全身に様々な効果を発揮してくれますが特に
・立ち仕事が多い方
・足が浮腫む
・足が疲れやすい方
・冷え性の方
これらが当てはまる方は是非、フットケアを試してみる事をお勧めします。

流れとしては
・フットバスで足を温めます(10〜15分ほど)
・オイルで足裏・足背・ふくらはぎをマッサージします(20分。足部とふくらはぎでは違うオイルを使います。)

フットバス・フットケア合わせて約30分の施術で2100円(保険適応外)で行なっております。

是非この時期に一度お試し下さい。
ご予約承っております( ^ω^ )

TEL
06-6332-1137
Web
http://k2-fujikura.net/yoyaku
2018-10-15 09:00:00

前へ 1 2 3 4 次へ