RSS

$BI($N1?F0NEK!(B

カテゴリ : 日記
今回は運動療法の中でも症例が多い膝関節について御紹介したいと思います。
変形性膝関節のケースですが普段から行う事で予防にも繋がるので、皆様の参考にして頂けると幸いです(^-^)!

変形性膝関節症の回復のためには、本人の努力によるリハビリテーションが欠かせません。
与えられたメニューをキチンとこなせば、日常生活に不便が無いレベルにまで回復させることが可能だからです。

変形性膝関節症のリハビリテーションの目的は、膝の曲げ伸ばしの回復(可動域訓練)と膝を支える筋力の回復(筋力訓練)です。
特に筋力の強化増強は、筋肉を鍛えることで、膝への負担を和らげるためにも重要です。

が「大腿四頭筋」を鍛える訓練

一般的に、まずとりかかるのが「大腿四頭筋」を鍛える訓練です。
具体的には次のような運動を行います。

足を延ばして横になり、悪くない側の膝を直角に曲げ、痛む方の膝はできるだけ伸ばすように力を入れます。
できれば足首は少し反らすように意識してください。

そしてゆっくりでいいので、膝を伸ばしたまま反対側の膝の高さまで持ち上げて、そのまま5秒間止めます。
5秒たったら膝を伸ばしたまま持ち上げた脚を降ろし、身体の力を抜いて休んでください。

これを1セットにして、できれば朝・晩、それぞれ約20回するのを日課にしてください。
ただし、慣れるまでは決して無理はしないように気を付けましょう(筋肉痛が出ないように注意してください)。

ただし、基本的にどんなリハビリテーションも、やってすぐに効果が出るものではありません。
効果を実感として感じられるようになるのは、個人差はありますが、訓練を始めてから2~3ヶ月ほどかかることが少なくないことを知っておいてください。
ただし、いったん効果が感じられるようになれば、それからも筋力トレーニングを続けていれば、ほとんどの場合、どんどん効果が出てきますので。


こんにちは

カテゴリ : 日記
こんにちは

$B1?F0NEK!$K$D$$$F(B

カテゴリ : 日記
今回は膝の運動療法について、効果的な方法を皆様に御紹介したいと思います(^-^)!

大腿四頭筋(クアド)セッティングの効果や方法は?

    

スライド5 

変形性膝関節症をはじめとして、

人工膝関節置換術(TKA)や、前十字靭帯損傷などにおいて、

膝関節の力学的な安定は、

重心関節の安定において非常に重要な要素です。

とりわけ膝関節においては、

大腿四頭筋の果たす役割は大きく、

代表的な訓練方法に

【大腿四頭筋(クアド)セッティング】があります。




 

変形性膝関節症の発症には、

膝関節に生じる力学的なストレスが原因の一つとされています。

特に、立位や歩行などの荷重時において、

膝関節の内反アライメントの増加は、

関節の不安定性や弛緩性を助長し、さなる症状の進行を引き起こします。 

このような膝関節の不安定性に対して、

「大腿四頭筋」の重要性が説かれています。

その中でも、膝関節の最終伸展域にて強力な筋力を発揮する

“内側広筋”は、変形性膝関節症の疼痛軽減に関与するという報告も多数存在します。

内側広筋のを選択的にトレーニングする方法として、

簡易的かつ効果的な方法の一つに、

【大腿四頭筋(クアド)セッティングがあります。

変形性膝関節症や、人工膝関節置換術後のリハビリテーションにおいて

多くの施設で指導されている方法です。

そこで今回は、自己でも可能な【大腿四頭筋セッティング】の効果や利点、方法などを解説します。

大腿四頭筋セッティングの効果は?

大腿四頭筋セッティングは、

膝関節伸展最終域にて、「内側広筋」の筋収縮を引き出すことです。

 

内側広筋の強化は、膝関節を伸展に保つことであり、

関節の適合性を高めることに寄与します。

 

言い換えると、膝関節の不要な動揺を抑制し、

力学的な負荷から膝関節を保護します。

 

具体的な場面として、

歩行の立脚初期(Heel Contact)から荷重応答期(Loading Responce)における衝撃緩衝作用に関与し、

大腿脛骨関節または、膝蓋大腿関節の機械的ストレスを軽減します。

 

 

 

大腿四頭筋セッティングの利点は?

大腿四頭筋セッティングが様々な施設で実践され、

長い間続けられるには幾つか利点があります。

 

 

【簡便性】

特別な機器や場所を必要とせず、

方法も簡便であり覚えやすいことがあります。

「朝起きた時に…」

「夜寝る前に…」

など、布団の中でも手軽に行えます。

 

 

【無痛性】

大腿四頭筋セッティングは、

“等尺性の収縮”であるため、疼痛が生じにくいという特徴があります。

 

 

【視認性】

多くの筋力訓練は、

効果が実感できずらいです。

大腿四頭筋セッティングは、内側広筋の筋収縮や筋肥大が

目に見えたり、手で確認できることもあり、

実施者のモチベーションにもつながります。

 

 

【負荷量調節が容易】

大腿四頭筋セッティングは、

筋の収縮時間や回数で負荷量が調節できます。

 

 

 

大腿四頭筋セッティングの方法は?

 

大腿四頭筋セッティングの手順は以下の通りです。

 

【手順】

1.膝の下にタオルなどを丸めて挿入する

2.足の力を抜きリラックスする

3.つま先を上に向けながらタオルを下に押し込む

4.この状態を3〜5秒程度保持する

5.20回を1セットとし、1日2セット程度行う

 

スライド4

 

【ポイント】

大腿四頭筋セッティングを開始する際に、

大腿後面のハムストリングスなどの拮抗筋は十分に力を抜きましょう。

 

力を入れる際には、つま先を上に向けることで、

腓腹筋などの下腿後面筋が伸長され、膝が曲がるため、

より抵抗を受けながら膝伸展を行うことができます。

 

 

 

まとめ

今回は、自己でも可能な【大腿四頭筋セッティング】の効果や利点、方法などを解説しました。

今回は、背臥位での方法を紹介しましたが、

より応用的な方法としては、立位で壁と膝の間にタオルを挿入して行うなども効果的です。

 

ただし、すべての人に除痛などの効果があるわけではない事は言うまでもありません。

あくまでも膝関節の安定に寄与する筋力訓練の方法であり、

痛みが膝の不安定性に基づくものでなければ除痛効果は少ないでしょう。


i


花粉症について

カテゴリ : 日記
こんにちは!

3月になり気温も暖かくなってきました。
まだ寒い日もありますが、、、


この時期になると何と言っても
皆さん心配なのが


花粉症 (>_<)


鼻水、くしゃみ、目のかゆみ、涙など多くの辛い症状があります


そこで今回ちょっと違った見方で
東洋医学では花粉症はどのように考えているのかをお伝えします(^∇^)


この時期になると天気予報などでは
『春の陽気が~ 』 とか言ってますよね

陽気とは何か?

東洋医学には陰陽という考え方があります

陰は寒く・内向き・下の方向性があり、
陽は暖かく・外向き・上の方向性があります

寒い陰の時期は内に溜めやすく、
暖かい陽の時期は外に発散します

つまり寒い冬から暖かい春になると陽気が上がり悪いものを発散しようとする働きが人間の身体にも出てきます

しかも陽は上向きなので身体の上の方(顔面部)の鼻水やくしゃみ、涙などとして悪いものを外に出そうとします。


で、出てくる「悪いもの」は何なのか?



それを東洋医学では 湿痰 といいます



質の悪い余分な水分のようなものです

・暴飲暴食

・油っこい物の過食

・運動不足

・水分の取り過ぎ

などで溜まりやすいです 

これは年末年始の飲み会、運動不足などが考えられます。


「湿痰」は、
特に日本は湿度が高いのでより湿を溜めやすいと言われています

この体質の人が花粉などのアレルギー物質の刺激が加わると花粉症の症状がでます。


なので普段から 湿痰 を溜めないようにしっかりと発散しておくと様々な症状は起こりにくい体質になっていきます


普段の予防法としては

・食生活の改善

・運動での発汗

・マッサージ、鍼灸治療で身体のめぐりを良くする

などがあります

なかなか運動する時間がない場合は半身浴などでの発汗も効果があります(^-^)/


鍼灸治療は、 全身のめぐりを良くし、余分な水分を溜めないような身体作りもできます。
主に胃腸の調子を整えていきます。
興味がある方いましたら、是非ご相談下さいね。


岡崎優

腱鞘炎について


こんにちは( `ー´)ノふじくら整骨院神崎川分院の稲毛です。
最近、腱鞘炎の患者様が来られまして手関節の母指CM関節を痛めていたのですが受傷時に整形外科の方でレントゲンを撮られた所、異常なしとの診断を受けたので4か月間痛いまま我慢していました('Д')
骨に影響がなくても筋肉や腱の軟部組織に損傷があれば長期に渡って痛みが続く事が多いです"(-""-)"
レントゲンに異常がなくても一度、整骨院に来られる事をおすすめします。
是非、ふじくら整骨院までお越しください(^^)/
2017-03-10 18:44:44

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ